密教には、呪いの秘術も存在する。
その護符は人も殺す力が秘められている。

様々な祈祷や修法には、驚くべき効験が有るのだ。
悪人調伏に限定した、呪いの修法を紹介する。

o0240032013705030316

主尊、降三世明王
貪・瞋・癡の三毒を降す憤怒の仏だ。

単独で祀られる事は殆どなく、五大明王の一尊として知られる。
得意技(?)は調伏であるが、除病にも効はある。

三千大世界の王で、ありとあらゆる天魔鬼物も怖れおののくと言うものだ。
で、悪人調伏。
三角檀、南面、悪木一遍呪して燃す。
それ、三百数十回。
悪人自ら降伏し帰依すと言われる。

悪人を病に落とす事も可。
調伏檀を作り、一千数百回真言を唱える。
長く患う事になる。しかし、死ぬ事は無い。

ここまでは書けるが、以後は秘密である。
先達に従い、伝授により身につけるものである。

この明王を感応するには、
49日間精進潔斎。
心空にして、真言十万遍。
満願時には、行者に恐怖の姿を曝すと言う。
しかし、これは試しであり決して恐れてはいけないとされている。

それを乗り越えてこそ、この明王の法を身につけられる。
ちょっとどころか、かなり恐ろしい

11

真言密教の呪がかなりの効果がある。
それ以外では術者の能力が左右される方法であるが、気軽なので試してみて、良いのでは。

両面白紙の紙を人型に切って、中央の胴に縦で相手の名前や生年月日、住所、性別などを詳細に書く。それを針で呪いたい相手の箇所を刺したりすると、指された箇所が病気になる。

紙を燃やすと相手にかなりの不幸が舞い込み、最悪は死ぬ。この時に破ったりすると、自分に返ってくるので注意する。書くのは一方のみで針を刺す時は殺意と憎悪を込めて、恨み言を言いながら刺すと効果が高い。

術者の能力に左右されるので、↓の人のようにお百度参りや禊などをして霊力を高めてから行えば効果は高まる。水などがある風呂場なら効果は飛躍的に高くなるそうだ。本当か嘘か、分からないので効果が無ければ密教系の呪術に頼るのが確実である。文献も簡単に手に入る。

95117ed5