nozaki4-718x540

嫁の須藤早貴(22)さん

DfEWGbtUEAA0kSZ

関係ないことですが、この二人の先には怨霊が漂っていますね。

家政婦の竹田純代さん(66)

takeda

野崎幸助さん(77)が謎の不審死

33

野崎氏が亡くなる18日前の5月6日に愛犬が、もがき苦しみ、急死していたとして、県警は7日、墓を掘り起こし捜査に乗り出している。


愛犬も急死しているので、覚せい剤で死ぬかどうか実験したと考えるのがふつうでしょう。
亡くなってから間がないので霊を霊媒で呼び出しても出てこない。


写真から霊視すると、この二人は「業が深い」となります。


この世は「いっかいぽっきり」の人生と考えると不思議でない事件です。
ただ、来世で生まれ変わると殺された方から復讐されることになります。


それは生まれた子供に復讐されるかも知れません。

子供に殺されるか、親が子供を殺すか、で地獄の人生になるでしょう。
それで親の虐待死や子供の通り魔事件も起きています。これは親に復讐するために生まれた子供に多いです。


原因としての善い行いをすれば、善い結果が得られ、悪い行いは悪い結果をもたらすとする「善因善果、悪因悪果、三世因果」などと呼ばれます。


日常生活でもよく耳にする、「因果応報」という言葉は、仏教の教えです。
一般には、人を騙したり、嘘をついたり、不正をした結果、それが発覚して、処罰を受けるようなことがあると、「因果応報だ」などと使われたりしています。


「苦しんでいるのは、自分のやった悪い行いのせいだ」という意味で用いられる場合が多いのですが、本来は、悪い結果に限らず、善い結果も「因果応報」です。


バランスが取れるようになっているわけです。

海外には、その驚異の力によって未解決事件を解決へと導く超能力者たちがいる。彼らの通称は「サイキック・インベスティゲーター」(Psychic Investigator)

海外の警察では積極的に彼らに協力を依頼し、難事件を次々に解決しています。

その解決率は驚異の80パーセント!


超能力者を捜査に使うことは、もはや「常識」になっているが、法廷で証拠能力がないのでそれが欠点です。

psy_inves1

霊能者と呼ばれているが、実際は青森のイタコと同じで霊媒で死者を呼び出して真相を聞くようです。殺人現場のビジョンが浮かんだりする超能力の持ち主もいます。


その時のビジョンは・・・

W

犬を覚せい剤で実験すれば
ビニール袋から耳かき1杯分でいいかな?
(犬を殺したのは犬に対しての「嫉妬」)


・・・・・


犬が死んだし、人ならこの5倍で心筋梗塞になるよね

そんな会話が聞こえました。
映像としてはテーブルの上にビールがある。


幻想でなければ二人が共謀の上となりますが…。