DfEWGbtUEAA0kSZ

「故意に被相続人、先順位・同順位の相続人を死亡するに至らせ、または至らせようとしたために刑に処せられた者については、相続欠格事由にあたりますので、相続人にはなれません。

なお、この場合、『刑に処せられた者』が要件であるため執行猶予付きの有罪判決において執行猶予が満了した場合や実刑判決が確定する前に死亡した場合は欠格事由にはあたりません。」

takeda

今回の事件でも、容疑者が配偶者を殺害したとして刑を受けることになれば、遺産を受け取ることはできないということになります。今回の様な話まではなくとも相続においてはトラブルが起きやすく、その前に仕組みを知っておくことが自分のためにも必要かもしれません。

裁判の結果、殺人なり殺人未遂で有罪が確定すれば民法891条に相続人の欠格事由として「故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者」と規定がありますので、少なくとも妻に遺産は入りません。

>その財産の行方は?

遺産については、子供がいれば子供が全額相続するだけですし、子供がいなくても親がいれば親が全て相続します。
親も子もいないのなら兄弟が相続します。

親も子も兄弟もいなければ、特別縁故者や債権者を探して、それもいなければ最終的には国庫に帰属(国の物)することになります。

保険金についてはそもそも保険金目的で受取人が被保険者を殺害した場合、保険金は支払われませんので、行方がどうなるか気にすることはありません。相続と違って、保険金は受取人しか受け取れません。

33

殺人罪が確定すればけ遺産を受け取ることはできない。